加工食品と生鮮食品の定義

食品表示法では、食品の区分にてついては「加工食品」「生鮮食品」 及び「添加物」の3つに区分されます。

一般的に、加工食品は、製造や加工の工程を経て、食品としての本質が変化したり、新たな属性が加わったりすることから、消 費者は、その食品を一見しただけでは、原材料などの情報を得られません。

一方、生鮮食品は、流通過程においてそのような変化等がないことから、比較的容易に、その食品についての情報を得られるこ とができます。
JAS法や健康増進法の考え方を踏まえつつ、「加工食品」と「生鮮食品」の区分に設けます。

「添加物」については、食品を着色、香り付けするなどの目的で使用されるものであり、「加工食品」や「生鮮食品」とはその 特性等が異なることから、別の区分を行います。

食品区分の定義



加工食品  ・・・  製造又は加工された飲食物として別表第1に掲げるもの
生鮮食品  ・・・  加工食品及び添加物以外の飲食物として別表第2に掲げるもの
添加物  ・・・  食品衛生法第4条第2項に規定するもの(食品表示法第2条第1項)

※製造とは、その原料として使用したものとは本質的に異なる新しいものを作り上げることです。
  加工とは、あるものを材料としてその本質は保持させつつ、新しい属性を付加することです。
  添加物とは、食品の製造の過程において又は、食品の加工もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法に使 用するものです。

加工食品の定義


生鮮食品の定義

今までは生鮮食品と加工食品の区分については、JAS法と食品衛生法において異なることがあったが、新法では、基本的にJAS法の定義に基づくことになりました。
そこで今まで生鮮食品だったものが、加工食品になったものとしてドライフルーツや、逆に加工食品だったものが、生鮮食品になったものとして食肉をカットしただけでパッキングされたものがあります。

生鮮と加工の区分

なおJAS法では「製造」又は「加工」されたものが加工食品であり、「調整」又は「選別」にあたるものは「生鮮食品」と分類されています。



用語

種別

食品表示の表示箇所と対象範囲



食品表示の表示か所と対象範囲

※適用対象外でも、生食用牛肉のリスク表示についてのみ適用となります。
※店頭のPOPやホワイトボードも可能です。(未包装の生鮮食品)
※表示免除される場合・・・量り売り、陳列販売、セルフ販売 など。