「識別表示」のルール変更について

令和2年4月1日から「資源有効利用促進法」の省令一部改正に伴い「識別表示」のルールが変わりました。

近年、消費者ニーズの変化により飲料容器の小型化が進み、表示可能なスペースが縮小傾向にあるなど、識別表示を取り巻く状況が変化しております。それを踏まえ、 スチール缶、アルミ缶、PETボトルにおける識別マークのサイズの見直しなどが行われております。
それら「識別表示」のルールの変更点をPDF資料にまとめました。
ぜひご活用ください。

「識別表示」のルール変更についての資料 資料ダウンロード

● 資料内では下記の変更点についてまとめています。

変更点1

スチール缶、アルミ缶、PET ボトルの識別マークのサイズの縮小について

変更点2

PET ボトルにおける個別容器への表示の省略について

識別表示の改正に関わるQ&A
  • Q.1)PET ボトルに付随するプラスチック製のキャップの識別マーク(プラマーク)はこれまで通り必要ですか?
  • Q.2)改正前のサイズの識別マークを表示した容器包装は、使ってはいけないのですか?