表示各項目の説明

加工食品の表示事項
①名称一般的な名称を表示します。(商品名ではありません。)
②原材料名原材料を、使用した重量の割合の高いものから順に表示します。
また、アレルゲン、遺伝子組み換え情報も表示します。
③添加物添加物を、使用した重量の割合の高いものから順に表示します。
また、アレルゲンも表示します。
④原料産地名輸入品を除くすべての加工食品について、原則として、製品に占める重量割合が上位1位の原材料の原産地を、原料原産地として表示します。
⑤内容量重量や体積等、単位を付して表示します。
⑥消費期限又は賞味期限急速に品質劣化しやすいものには消費期限を、品質の劣化が比較的に遅いものは賞味期限を表示します。
⑦保存方法商品の特性に見合った保存方法を表示します。
⑧原産国名(輸入品のみ)原産国名を表示します。
⑨表示責任者 等食品関連事業者(製造者・輸入者・販売者等)の名称や住所を表示します。
⑩栄養成分表示原則として、100g、1食分(50g)等の食品単位を明記し、その単位当たりの熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量を表示します。(様式1、2、3参照)

2、保存方法の注意事項

①開封後の「開封後は冷蔵庫にて保存してください。」等の表示は任意表示となる。

②食品衛生法第11条第1項の規定により、保存方法が定められたものはその基準に従って保存方法を表示してください。

6、消費期限と賞味期限

1、品質が急速に劣化しやすい食品にあっては消費期限である旨の文字を冠したその年月日を、それ以外の食品にあっては賞味期限である旨の文字を冠したその年月日を年月日の順で表示します。但し製造又は加工の日から賞味期限までの期間が3月を超える場合にあっては、、賞味期限である旨の文字を冠したその年月を年月の順に表示することをもって賞味期限である旨の文字を冠したその年月日の表示に代えることができます。

但し品質の劣化が極めて少ないものとして



は表示の省略をすることができます。


2、期限表示を設定する為には
食品関連事業者は客観的な期限の表示の為に、微生物試験、理化学試験、官能試験等を含め、これまで商品の開発、営業等により蓄積した経験や知識等を有効に活用することにより、科学的・合理的な根拠に基づいて期限を設定します。

6、保存方法

開封前の保存方法を、食品の特性に従い、「直射日光を避け、常温で保存すること」、「10℃以下で保存すること」等を表示してください。但し、食品衛生法第11条第1項の規定により、保存の方法の基準が定められたものには、その基準に従って表示してください。