加工食品と生鮮食品の定義

食品表示法では、食品の区分にてついては「加工食品」「生鮮食品」 及び「添加物」の3つに区分されます。

一般的に、加工食品は、製造や加工の工程を経て、食品としての本質が変化したり、新たな属性が加わったりすることから、消 費者は、その食品を一見しただけでは、原材料などの情報を得られません。

一方、生鮮食品は、流通過程においてそのような変化等がないことから、比較的容易に、その食品についての情報を得られるこ とができます。
JAS法や健康増進法の考え方を踏まえつつ、「加工食品」と「生鮮食品」の区分に設けます。

「添加物」については、食品を着色、香り付けするなどの目的で使用されるものであり、「加工食品」や「生鮮食品」とはその 特性等が異なることから、別の区分を行います。

食品区分の定義



加工食品  ・・・  製造又は加工された飲食物として別表第1に掲げるもの
生鮮食品  ・・・  加工食品及び添加物以外の飲食物として別表第2に掲げるもの
添加物  ・・・  食品衛生法第4条第2項に規定するもの(食品表示法第2条第1項)

※製造とは、その原料として使用したものとは本質的に異なる新しいものを作り上げることです。
  加工とは、あるものを材料としてその本質は保持させつつ、新しい属性を付加することです。
  添加物とは、食品の製造の過程において又は、食品の加工もしくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法に使 用するものです。

別表第1(2条関係)加工食品の定義 ....(参考)加工食品品質表示基準(別表1)
  1. 麦類
  2. 粉類
  3. でん粉
  4. 野菜加工品
  5. 果実加工品
  6. 茶、コーヒー及びココアの調整品
  7. 香辛料
  8. めん、パン類
  9. 穀類加工品
  10. 菓子類
  11. 豆類の調整品
  12. 砂糖類
  13. その他の農産加工品
  14. 食肉製品
  15. 酪農製品
  16. 加工卵製品
  17. その他の畜産加工品
  18. 加工魚介類
  19. 加工海藻類
  20. その他の水産加工品
  21. 調味料及びスープ
  22. 食用油脂
  23. 調理食品
  24. その他の加工品
  25. 飲料類
別表第2(2条関係)生鮮食品の定義 ....(参考)生鮮食品品質表示基準(別表2)
  1. 農産物(きのこ類、山菜類及びたけのこを含む)
    1. 米殻(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの、単に切断したもの及び精麦又は雑穀を混合したものを含む)、玄米、精米
    2. 麦類(略)
    3. 雑穀(略)
    4. 豆類(略)
    5. 野菜(収穫後調整、選別、水洗い等を行ったもの、単に切断した、単に凍結させたものを含む)
    6. 果実(略)
    7. その他の農産食品(略)
  2. 畜産物
    1. 肉類(単に切断、薄切り等したもの並びに単に冷蔵及び凍結したものを含む。)
    2. 乳(生乳、生山羊乳、その他の乳)
    3. 食用鳥卵(殻付きのものに限る。)略
    4. その他の畜産食品
  3. 水産物(ラウンド、セミドレス、ドレス、フィレー、刺身(盛り合わせしたものを除く)、むき身(単に凍結させたもの及び解凍したもの並びに生きたものを含む))
    1. 魚類
    2. 貝類
    3. 水産動物類
    4. 海産哺乳動物類
    5. 海藻類

今までは生鮮食品と加工食品の区分については、JAS法と食品衛生法において異なることがあったが、新法では、基本的にJAS法の定義に基づくことになりました。
そこで今まで生鮮食品だったものが、加工食品になったものとしてドライフルーツや、逆に加工食品だったものが、生鮮食品になったものとして食肉をカットしただけでパッキングされたものがあります。

生鮮と加工の区分

なおJAS法では「製造」又は「加工」されたものが加工食品であり、「調整」又は「選別」にあたるものは「生鮮食品」と分類されています。



用語定義
製造その原料として使用したものとは、本質的に異なる新たなものを作り出すこと
加工あるものを材料として、その本質は保持させつつ新しい属性を付加すること
調整一定の作為は加えるが、加工には至らないもの
選別一定の基準によって仕分け、分類すること
種別考え方
組み合わせ
盛り合わせ
いくつかの生鮮食品を単に組み合わせたり、盛り合わせただけで、バラバラに飲食、調理等されることが想定されるもの
混合いくつかの生鮮食品が混合されて一つの商品としてそのまま飲食、調理されることが想定されるもの

食品表示の表示箇所と対象範囲


食品形態別製造(生産)場所容器包装表示項目
生鮮食品生産場所以外で販売される場合なし名称、原産地等(一部限定される)
あり名称、原産地、その他の義務表示(食品によって添加物、消費期限、保存方法等の表示も必要)
生産場所で直接販売される場合なし適用対象外
あり一部限定した項目のみ(摂取する際の安全性に関する表示
加工食品製造場所以外で販売される場合あり加工食品の表示項目が適用対象名称、原材料名(添加物、アレルギー含む)、内容量、期限、保存方法、製造者、栄養表示等
製造場所で販売される場合(バックヤード等)あり名称、添加物、アレルギー、期限、保存方法、製造者等(一部限定)
製造場所で販売なし適用対象外
設備を設けてその場で飲食させる場合適用対象外

※適用対象外でも、生食用牛肉のリスク表示についてのみ適用となります。
※店頭のPOPやホワイトボードも可能です。(未包装の生鮮食品)
※表示免除される場合・・・量り売り、陳列販売、セルフ販売 など。

食品別ラベル表示最新事例

お弁当・惣菜

ケース1:持ち帰り・テイクアウト販売など 店舗内調理施設(同一敷地内、バックヤード等)で調理・製造したお弁当やお惣菜を対…
2021年10月14日

調味料(食酢)

・「天然」又は「自然」の用語 ・米黒酢又は大麦黒酢ではないものに「黒酢」その他これに類する用語。 ・「純〇〇酢」その他こ…
2020年12月20日

焼酎

一般の食品の「名称」が、酒類では「品目」に当たります。この品目は、酒類業組合法で定められた定義に従って表示します。 ●文…
2020年12月4日

お役立ち資料・動画

まとめて印刷したい方におすすめ!食品表示の基本知識集

食品表示における基本ルールや表示する際の注意点など、食品表示における基礎をわかりやすく解説します。

新食品表示の変更点
チェック表

「新食品表示制度」のチェック表を作成しました。漏れのないように、新表示に移行しましょう!

テイクアウトを始める方へ弁当・惣菜の食品表示

新型コロナの影響で、テイクアウトを始められた皆さまへ。弁当・惣菜の食品表示についてまとめました。

バナー:食品表示ラベル作成します バナー:食品表示ラベル作成します バナー:食品表示反映の箱作成します バナー:食品表示反映の箱作成します
バナー:食品表示のお役立ち資料ダウンロードできます。 バナー:食品表示のお役立ち資料ダウンロードできます。 バナー:食品表示ラベルの作成にお困りの方へ、丸信で作成できます! バナー:食品表示ラベルの作成にお困りの方へ、丸信で作成できます!
バナー:まずは知っておこう!食品表示の基本 バナー:まずは知っておこう!食品表示の基本 バナー:基本をおさえたら、次はこちら!個別の食品表示例 バナー:基本をおさえたら、次はこちら!個別の食品表示例

当サイトは、消費者庁の 「食品表示基準」 「食品表示基準について」 「食品表示基準Q&A」 「早わかり食品表示ガイド(事業者向け)」 を参照し作成しております。実際に食品表示ラベルを作られる際には、消費者庁で定められている食品表示基準を確認し、作成してください。 当ホームページに掲載された情報または、本ウェブサイトを利用することで生じた、いかなるトラブル・損失・損害などに対して、当社は一切責任を負いかねます。

消費者庁 食品表示企画課

ホームページ
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/

〒100-8958
東京都千代田区霧が関3-1-1 中央区合同庁舎4号館6F

消費者庁食品表示企画課

TEL : 03-3507-8800(代表)

食品表示の相談・被疑情報の受付窓口(各都道府県)

ホームページ
https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/information/contact/prefectures/